スポンサーリンク
コラム

投稿前におさらいしよう!階段歌壇投稿ルールと短歌の基本

2020年5月にスタートしたTANKANESSの投稿欄、階段歌壇。 ありがたいことに、はじめて短歌を投稿する方にもたくさんご応募いただいています。 今回は投稿前に確認していただきたい階段歌壇の投稿ルールと、これまで記事のなかで少しずつ紹...
コラム

TANKANESSライターによる「2020年に読んだおすすめ短歌本」

TANKANESSライターに「2020年に読んだおすすめ短歌本」をお聞きしました。歌集や短歌入門書、短歌エッセイなどのジャンルは問わず、同人誌も含めたすべての短歌に関する本のかで、イチ押しを教えてもらいました。気になる本があれば、ぜひ書店等でチェックしてみてください!
お知らせ

2020年のTANKANESSを振り返る&アンケートのお願い

年末ということで、2020年のTANKANESSのトピックについて、編集長目線で振り返っていきます。見逃していた記事があればぜひお読みください。また、最後にTANKANESSが来年以降も情報を発信できるようにアンケートを実施させていただきます。
企画

オンライン歌会をやってみよう!〜TANKANESS ZOOM歌会の記録〜

みなさんこんにちは、橋爪志保です。 新型コロナウイルスの影響が大変心配される日々ですが、いかがお過ごしでしょうか。短歌を作ってらっしゃる方の中には、ウイルスのせいで、オフラインの歌会や勉強会などができなくなってしまったという方も大勢いらっ...
コラム

萩原慎一郎『滑走路』を読む~三十一文字で鳥になるのだ~

萩原慎一郎さんの歌集『滑走路』は、著者の第一歌集で、2020年には映画化されています。萩原さんは歌集の入稿後に急逝してしまったため、遺歌集となってしまいました。『滑走路』は、リーマンショック以来の「非正規雇用」という現実の中で、ふつうに恋をし、仕事をし、そして青春をしたいと願い続けたひとりの心優しい青年の魂の記録です。今回はそんな『滑走路』をぼくなりの視点で読み解いていきたいと思います。
企画

階段歌壇 第7回「夢・睡眠」総評&第8回募集のお知らせ

今年最後の階段歌壇、テーマは「夢・睡眠」でした。眠くなるようなのどかな夢の歌から、睡眠ができない!という切実な歌まで、たくさんいただきました。歌を送ってくださったすべての方に心からの敬意と感謝をいたします。今回は特選1首、秀逸2首、佳作4首をご紹介します。
お知らせ

TANKANESS連載「しょんぼり百人一首」が書籍化されます!

TANKANESSで連載中の天野慶さんの「しょんぼり百人一首」が幻冬社で『しょんぼり百人一首 ~それでも愛おしい歌人たち~』として書籍化されます!今回は書籍化を記念して、作者の天野慶さんにインタビューを行いました。
企画

自分の短歌を「いらすと化」してみた

「いらすとや」は、イラストレーターのみふねたかしさんの運営するイラストサイト。幅広くニッチなものまで網羅している「いらすとや」なら、「いらすとやの素材で短歌も再現できるのでは? ということで、自分の短歌、「いらすと化」してみた~~~~!!!!!!!!!!!!!
企画

階段歌壇 第6回「学校・学生」総評&第7回募集のお知らせ

階段歌壇第6回、テーマは「学校・学生」。学生視点で歌をつくるのか、それとも卒業生視点で歌をつくるのか。他にも先生のまなざし、保護者の目線などなど、色々なつくり方があることに、改めて気づかされました。今回は特選1首、秀逸2首、佳作3首をご紹介します。
コラム

教科書に載っている歌人の作品を読んでみよう~若山牧水『海の声』編

「教科書に載っている歌人の作品を読んでみよう」シリーズ、2回目となる今回は、若山牧水(1885-1928)を取り上げたいと思います。牧水は死後百年近くがたった今でも非常に人気のある歌人で、海や山といった自然を歌った作品、若いころの大恋愛を歌った作品、そして生涯の友であった酒と旅を歌った作品などが、世代を超えて広く愛唱されています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました