ハルカトミユキ

エッセイ

短歌をはじめるまでの話

短歌に興味を持つタイミングは何度かあった。それを何度も逃してしまった。 最初に短歌に興味を持ったのは、今から10年近く前の頃だった。それから私が短歌を始めるまでに、約5年の月日が必要だった。 当時私は「ダ・ヴィンチ」という雑誌をが好きで...
エッセイ

気持ちを言葉にできないのなら、全部短歌にしてしまえ。

言葉を知れば知るほど、その無力さに途方に暮れることがある。 さみしいと言っても、さみしくないと言っても嘘になる。 死にたいと言っても、生きたいと言っても嘘になる。 この世界が好きだと言っても、憎...
タイトルとURLをコピーしました