レポート

月吠え歌会 – 新宿ゴールデン街のプチ文壇バー『月に吠える』に行こう

 短歌初心者のCooley Gee(くーりー・じー)です。    前回、『大阪の短歌ワークショップ「もしも短歌がつくれたら」に、東京から乗り込んだ話』という記事をTANKANESSで書いた。そのとき、関東周辺にも歌人が主催する初心者さん...
レポート

1ヵ月で溜まったいらない紙を短歌コラージュにして供養する〈3〉

こんにちはルイージ店長です。 前回も言いましたがもう一度言います。 1ヵ月って経つのむちゃくちゃ早いですね!! 今回3回目の記事です。毎回読んでいただいている方ありがとうございます! 始めましての方もいると思うので最初の...
レポート

散歩をする人と短歌を詠む人が集まって散歩をして短歌を詠んだ 〜コラボ吟行〜

「散歩をして町の見えているのに見えていないところを見るのが路上観察で、それを短歌や俳句にすればたちまち吟行となる」町中 歩(1875-1941) という名言があるように、散歩(路上観察)と短歌(吟行)の親和性は高い。 そして私は当サイト...
エッセイ

短歌をはじめるまでの話

短歌に興味を持つタイミングは何度かあった。それを何度も逃してしまった。 最初に短歌に興味を持ったのは、今から10年近く前の頃だった。それから私が短歌を始めるまでに、約5年の月日が必要だった。 当時私は「ダ・ヴィンチ」という雑誌を...
企画

新しい短歌の遊び方を考える〜カラオケ短歌コラージュ編

こんにちは、TANKANESS編集長のなべとびすこです。短歌を始めてもうすぐ丸5年、これまでも短歌を使っていろいろ遊んできました。短歌は五・七・五・七・七の三十一文字。短くてシンプルな構成(でも奥が深い!)のため、いろんなものと掛け合わ...
レポート

大阪の短歌ワークショップ「もしも短歌がつくれたら」に、東京から乗り込んだ話

 ライター・高下龍司(koge)さんの書くものが好きだ。  Twitterで、新しい記事の更新をみかけるとまずクリックする。その1つが、このTANKANESSに掲載されていた「初心者向け短歌ワークショップに短歌初心者が参加したら、ちゃんと...
レポート

1ヵ月で溜まったいらない紙を短歌コラージュにして供養する〈2〉

こんにちはルイージ店長です。 1ヵ月経つのは早いものでもう2回目の記事。 まだまだ初めましてな方のために簡単な自己紹介を。 TANKANESS編集長の歌人・なべとびすこさんの鍋ラボメンバーの1人です。 (鍋ラボは「やってみたいを...
企画

初期の自作を添削してみた

こんにちは。篠田くらげです。 短歌って、基本的なルールが「57577」だけなんですね。季語は要りませんし、「ありけり」「けるかな」みたいな言葉遣いもしなくていいです(してもいいですが)。だから何をどう詠むかは、すべて作者に委ねられてい...
企画

歌人のオススメ映画シャッフル企画 ♯04

企画概要 今回は、「歌人の人生で一番の映画を互いに鑑賞し、インスパイア短歌を作る」という企画の第4回目、今回で最終回です。 ・それぞれの歌人が「人生で一番の映画」のタイトルとレコメンドコメントを提出 ・シャッフルして、それぞれ...
エッセイ

まどろみの中で見た夢の話−笹井宏之『てんとろり』との出会い

夜更けの都市高を走るバスに揺られながら、まどろみのなかで見た夢の記憶を、僕は引きずって生きている。 これはまだ福岡で、大学最後の一年を過ごしていた頃の話。 * 日が昇っては沈み、出会っては別れ、生まれては死ぬ。永遠なんて幻想で...
タイトルとURLをコピーしました